トップメッセージ

Top Message

地域のお客さまから
必要とされ続ける
企業を目指して

代表取締役社長平尾健一

マックスバリュ西日本株式会社は2021年3月
株式会社マルナカ、株式会社山陽マルナカと合併し
“新生”マックスバリュ西日本株式会社として新たな一歩を踏み出しました。
事業展開は中国、兵庫、四国へと広がり、店舗数は約400店近くにのぼります。

私たちの店舗一つひとつが地域のお客さまから最も満足いただけるよう、
それぞれの地域のお客さまの暮らしをより深く知り、日々の食生活で慣れ親しんだ
“地場の食文化” や “馴染みの味” を大切に継承していくとともに、生鮮強化の取り組みとして、
「旬・鮮度・おいしさ」の追求を行っていきます。
これまで培ってきた経営資源やノウハウを活かして地域密着型経営をさらに深化させてまいります。

当社が事業展開するエリアは、全国よりもいち早く人口減少や高齢化が進展する地域でもあります。
そうした環境の中で、地域のお客さまから常に必要とされ続け、継続的に成長していくためには、
日々変化するお客さまの消費動向を真っ先にとらえ、ライフスタイルの変化に合わせた
魅力ある商品の品揃えに磨きをかけていくとともに、
お客さまにより近づいていくための販売チャネルの拡大やデジタルの活用を進めていくことで、
お客さまの食全体に対して“新たな価値”を提供いたします。

一方で、環境・社会貢献活動への取り組みも企業としての社会的使命であると考えております。
「環境保全活動」や「地域文化の振興」、
各地域の行政や団体と連携した「福祉・ボランティア活動」などについても積極的に参画し、
サスティナブルな社会の実現に向け“当社だからできること”に取り組んでまいります。

今後も、お客さまとともに歩み続けるリージョナルスーパーマーケットチェーン企業を目指した取り組みを
進めてまいりますので、皆さまからのご支援とご鞭撻を心よりお願い申し上げます。